小玉の祭壇優良知識Diary

急な葬儀の連絡をする際のマナーや方法

2020年04月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人として生活している中で、突然の訃報の知らせが届くことは多くあります。逆に自分自身の身内で不幸があった場合は、やはり速やかに訃報の知らせと合わせて葬儀などの連絡をする必要が出てきます。では実際に連絡する際にどの人達まで知らせたらよいかとまよい事も出てきます。恩師やクラスメイトなど範囲をどのように決めるかしっかり考える必要が出てきます。まずマナーとして知らせる手段としては電話が基本となります。時間帯などによっては電話して良いかどうかを迷う場合もありますが、故人との関係が近い人であれば電話で直ぐに知らせることが重要となってきます。

続きを読む

最期の瞬間を悔いなく迎えるためには

2020年03月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の中でも、自らが主役になる機会は限られていると言われています。その中の一つが、葬儀・告別式ではないでしょうか。終活やエンディングノートが人気を集めていますが、懸命に生きることと死ぬことは繋がっています。最期の瞬間に悔いを残してしまっては、成仏することが出来ないと言われています。そこで必須不可欠なのが、恩師やクラスメイトへの連絡だと言われています。近年の傾向としては、メールや無料通信アプリを使うのが一般的です。

続きを読む

恩師やクラスメイトに連絡する必要があります

2020年02月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な両親や祖父母が亡くなった時は、親しく交流をしていた人に連絡をする必要があります。従来の一般葬の葬儀を行う場合は、恩師やクラスメイトにも参列してほしい人がほとんどです。遺族はお通夜や告別式の準備で忙しいですが、親密なお付き合いのある人には電話をしておくことが大事です。現代は家族葬や一日葬を行うご家庭が増えていますが、働き盛りの人が亡くなったり、交友関係が多い人は一般葬を行うことが多いです。大切な人の訃報が入ったら、特に予定などがない場合はお葬式に参列をするのがマナーです。

続きを読む

葬儀・告別式の進行と連絡手段に関して

2020年01月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身近な人が亡くなってしまうと、精神が普通でいられなくなります。段取りを頭に入れようと思っていても、なかなか思うようには進まないのが現実です。やはり最も鍵になるのが、連絡の方法だと言われています。参列する予定の方が、全て近隣に住んでいるとは限りません。恩師やクラスメイトには早めに連絡するのがベターですし、名簿等を準備しておくとスムーズだと言われています。また、最近はSNSを使っている方が大半です。早く知らせることが出来ますし、参列の可否も伝えることが出来ます。

続きを読む

葬儀・告別式の際の心構えに関して

2019年12月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらかじめ分かっていれば別ですが、死は突然やって来ることがあります。出棺までは平均で48時間と言われていますし、悔いのない葬儀・告別式のためには猶予は少ないと言えます。家族葬の場合は別ですが、大抵の方がなるべく多くの方に見送ってもらいたいと考えるはずです。スムーズに連絡が取れる方法を持っておくと、戸惑うことがなくなるのではないでしょうか。メーリングリストやSNSの普及によって、恩師やクラスメイトとの連絡が容易になっています。

続きを読む